29 11月, 2009





Apertura2009 Fecha.16 Viernes 27 de Noviembre
INDEPENDIENTE 2-0 HURACÁN (H)
先発:
A.Gabbarini; E.Tuzzio, C.Matheu, L.Galeano, L.Mareque;
W.Busse, W.Acevedo, I.Piatti; Pato”.Rodríguez; A.Gómez, D.Gandín;
サブ:
D.Rodríguez, L.Vella, S.Vittor, J.Velázquez, F.Mancuello, L.Nuñez
選手交代:
F.Mancuello(後半11分in)<=>I.Piatti; L.Nuñez(後半21分in)<=>Pato”.Rodríguez;
S.Vittor(後半39分in)<=>A.Gómez
ゴール:
L.Galeano(後半1分), D.Gandín(後半42分)

ウラカン戦はPATOにとっては、およそ1ヶ月ぶりの先発出場♪
この日のスタジアムはピッチ・コンディションが悪かったようで^^;
試合開始から多くの選手が肝心なとこで軸足を滑らせて貴重なチャンスを逃すという勿体ない場面も。。。^^;
ウラカンは前半から引いて守りカウンター狙いで立上がりは様子見のような緩めの展開に。
ここ最近のインデの対戦相手は試合開始から積極的に攻めてきてたのに対して、
ウラカンに合わせた戦術?にしては、インデはいつも以上に全体的に間延びした布陣^^;
中盤が広がりすぎ+ピッチのコンディション不良?で決定的なチャンスもあまり作れず^^;
前半に失点しなかったのはGaleanoら守備陣のゾーンディエンスにウラカンが見事にハマってくれたから^^;
残念ながら、1番気になるPATOは...前回の先発出場のような見せ場もなく後半に無念の途中交代^^;
与えられた出場機会が僅かでも、如何に結果を残せるか?
これがビッククラブINDEPENDIENTEで“伝統の背番号10”を継承した者の宿命。
大先輩のボチーニや“KUN”アグエロ、“ROLFI”モンテネグロのように。。。
PATOがまた先発でインデの“象徴”としてプレー出来るまで、日々精進^^;
後半は開始早々のGaleanoのカベッサGOL!!でインデはエンジンがかかったみたいでしたね♪
インデは全体的にコンパクトな陣形に切換えたことで効果的なパスから攻撃のチャンスも増えたし :-)
Gandínの20Mはあった?ドリブルGOL!で試合が決まりましたね♪
少なくとも前半のインデは全体的に悪いゲーム内容だったし、後半に先制してもウラカンは手応え無かったかな^^;
昨季の手強いウラカンとはまるで別のチームにインデは助けられたような^^;
でも、結果的に勝てばいいんですっつ!(笑)
今のインデには数シーズンに渡る低迷からの脱却=勝利が必要な状況だからね^^;
次節も勝利を願って!
DALE! PATO!!
VAMOS! ROJO!!!