01 6月, 2010



★09/10 Independiente PATO後期戦績



PATOの年明けからクラウスーラ2010シーズンを振り返り
集計データを見ると、PATOのフル出場はプレシーズンの2試合だけ^^;
昨季アペルトゥーラと同様に後半からの起用だったのが残念!!
今季クラウスーラのロホは4-3-2-1(オプションで 4-3-1-2)を基本に、1トップのSilveraの下に
本来はトップのGandínやNúñezをPiattiと組ませより攻撃的
な1トップ2シャドーに近い前線を構成。
さらにAcevedoをセンターに配した3ボランチの布陣で中盤の守備を昨季より厚めにしつつ、
中盤の底でのボール奪取からコンパクトにパスを繫いで攻め込む攻撃パターン。
この布陣でPATOが後半投入から期待された時の
役目ドリブルでサイドからの切崩しを狙う展開。
トロには先発からPATOを起用してPiattiとのコンビプレーを試して欲しかった^^;
優勝は逃したけど(痛)今季のロホは近年で1番見応えある内容で結果を出してましたね。
それだけに、トロ解任は本当に残念だけど、長期的視野でロホに不可欠な改革ならば見守るだけ。
ダニーが指揮する新生ロホがどういう戦い方をするのか? 今は全く想像つかないけど^^;
ロホ出身のダニーがPATOをどう使ってくれるかを期待しつつ、まずはキャンプでお手並み拝見♪
チームは早くも14日からキャンプに入るけど、同時に移籍市場でも動きがあるようです^^;
今季の快進撃を支えた中心選手の多くがロホとのレンタル契約が切れるだけに
移籍動向が気になりますね。
間もなく開幕のW杯でのアルゼンチン代表も気になりますが、新生ロホのキャンプも要チェック♪