18 8月, 2010





第2節アルヘンティノス戦は終始積極的に攻めながらも1-1のエンパテだったのが残念。
ロホはゲーム開始からGraciánとBattiónを中心に早い展開でパスをつないで何度も決定機をつくってましたね。

Toloの作った昨季のシステムより更に攻撃的なシステムだけに、それが上手くハマればゲームが面白いのは確か♪
でも全体的に前がかりになった分だけ守備の負担が増すから守備の連係をミスった時は大量失点も^^;

今は攻守ともに選手を試してるようなんで、しばらくはお手並み拝見かな^^;
残念ながら出場機会がなかったPATOには次節、リーベルとの大一番でチャンスがあれば活躍を期待しましょう!