27 11月, 2010





スダメリカーナ準決勝! リガ・デ・キトとの運命の第2戦。
ロホは前回覇者のリガデキトに2−1で勝利し、トータルスコア4-4ながら、アウェーGOL差で決勝進出!!
キトは第2戦も試合開始から積極的に縦へと攻め込み
中盤から激しく当たりにきてボールを奪う展開。
高地戦でのキトは終始早い展開でダイレクトに縦へ繫いでロホの体力を消耗させるような狙いを感じたけど、
ロホのカーサとなる低地戦では激しいプレスから中盤を崩してチャンスを狙うように戦い方変えたような?

でも第2戦のロホはボランチのFredesと守備陣が今季最高の連係プレーから試合巧者のキトを粉砕♪
今回の勝因は、チーム全体の高い集中力と勝利への執念!!
そしてGRANDEEE!! DEFENZAAAAA!!!ですね♪(^^)
カピタンTuzzioの高い統率力と短期間での"J"Velazquezの献身的なプレーと試合での成長。
未だサイドの守備にズレがあるGaleanoをフォローしサイドにフタをしつつ絶妙なタイミングで攻撃参加するMareque♪
昨季の活躍でリーベルに移籍した(というより財力の差で奪われた)AcevedoをもしのぐFredesの今季最高のパフォーマンス!!
Fredesが攻守のキーマンになって上手くMarequeやBattionを使いながらチャンスつくってましたね♪
もちろん! 頼れる兄貴Siliveraの怒濤のゴールへの攻めも相手を十分警戒させるいいプレーだったし♪
決勝進出は個々が最後まで集中を切らさず力を出し切って、チーム全体でつかんだ勝利への執念の結果。
さらに今後へ向けて嬉しいのが、Mohamedにポジションをコンバートされてからの"J"Velazquezの進化。
試合をこなしながら短期間で4バックから3バックへ、センターからサイドのラテラルへ、徐々に適応し成長してること。
Mohamedは彼の監督経験ではロホが初めてビッククラブでも今まで指揮したコロンなどでは手腕を高く評価されてる人。
彼にはPATOも"選手をよく見て指導してくれる人"と信頼して気に入ってるけど♪試合を見ると分かる気がする..(笑)
Mohamedの"選手を見る目"とチーム戦術も踏まえた"指導法"は、今のロホに
1番合ってるのかも...
試合前ベンチのシートにそっと幸運のロザリオをかける姿にも好感が持てたし♥
まあ、今季のアペルトゥーラは前半の失敗が大きいだけに仕方ないとして^^;
15年ぶりのコパ王者、"REY DE COPA"の座はもちろん♪
来季レギュレーションが変更される(らしい)クラウスーラでの彼の手腕にも期待したいですね! :-)