05 11月, 2010





スダメリカーナ準々決勝vsトリーマ!第1戦は敵地で2−2のエンパテ。
勝ちを逃したのは残念だけどアウェイゴールを考慮すれば2−2まで持ち込めただけ良かったかも^^;
試合は先発予想と異なりほぼ3−5−3で中盤を厚くした布陣。
前回同様3バックのセンターはTuzzio、両サイドにGaleanoと"J"Velázquezを起用。
Tuzzioのセンターは納得♪だけど、Galeanoのサイドは昨季の終盤同様に不安定で危なっかしい^^;
3バックのスペースを中盤の3人が連係してフォローした前回のようには上手くいかず少しばたついた感が^^;
Battionがゲームから消えた分MarequeやFredesが守備に追われ思う程には攻撃の起点になれず。
PATOも連係のズレから左サイドで孤立する場面が多く^^;後半途中で無念の交代。
それでも、2-2でゲームを終えられたのは今後に繫がる価値ある結果だと思いたい(^^)
失点は課題の守備を修正できれば今後良くなりそうだし、攻撃面でも今季のDany采配よりは内容的にも期待が持てそう。
NETでライブ観戦出来なかった前回19日のディフェンソール戦をやっとTV放送(スカパー! 309ch:G+)で確認した限り、試合内容は今季最高♪
3バックの前に攻撃的サイドバックとボランチ2枚で守備を厚くしつつ、両サイドから変則3トップへリズム良く縦へつないで攻め込む。
この時の試合のイメージ通りに今後も1試合ごとに実戦できればね。。。:-)