03 2月, 2011





本戦進出を懸けたプレーオフ第2戦はデポルティボ・キトに0-1で敗戦もトータルスコア2-1で勝ち抜け♪
2点のビハインドを負ってるキトが立上がりから積極的に攻め込んだこともあって前回より"ゲームらしい"展開でしたね。
それでも開始5分ぐらいでまたも、いきなりサイドのCabreraが前回のMaxiと同じように倒された時は焦ったけど^^;。
その時の影響なのか? 今回の
Cabreraは相手にサイドから仕掛けられ崩される場面が多く精彩を欠いてましたね。
今回キトは4人を入れ替えて前半はロングパスで一気に前線へボールを運んだり、中長距離からのシュートをガンガン放り込む戦術。
でもロホはTuzzioとMatheuを中心にパスコースを防いで、何より守護神Navarroが好セーブ連発で頼もしかった♪
Marequeも
Cabreraのサイドが不安定な分、今回はかなり広範囲で守備面でのフォローが多かったけど^^;,
特に後半は攻撃の機会があればトップ下まで上がって攻撃参加してたし攻守での活躍が光ってましたね♪

ロホは攻撃面では2度も決定的なチャンスがあったけどフィニッシュが甘く得点できなかったのが勿体なかった!!
後半に入るとキトは戦術をかえ今度はショートパスを丁寧につなぐ攻撃パターンに変えてきたのが意外な展開!
なんせ前回の"パワープレー"スタイルとは180度真逆だし^^;、
彼らのライバルのリガ・デ・キトと比較すると洗練されたプレーや組織プレーでは劣るけど"結構やるんじゃん!"みたいな^^;。
ロホの失点は後半の立上がりから前半とは真逆な戦術できたキトに対して、ボランチとDFラインの微妙な連係ミスを突かれた感じ。
PATOの交代出場も早い時間帯から投入して欲しかったけど数回の見せ場で終わって残念!!
今回は第1戦での2点のアドバンテージがあったから良かったけど、ロホはもう少し仕上げまでテストが必要かな。