02 7月, 2011



遅くなったけどRound16イングランド戦の結果詳細です(TT)
アルゼンチンはPadillaのGOLで先制しながら追いつかれ90分を終えた時点でドロー。
もし15分ハーフの延長戦があれば...別の展開もあったかもと、PK戦での敗退が悔やまれる幕切れ

彼らには今大会での悔しい経験をバネに、所属クラブで奮起してトップ昇格して欲しいと願ってます。

Copa Mundial de la FIFA Sub 17 México 2011
England 1 (4 PK 2) 1 Argentina


















★FIFA U-17ワールドカップ2011メキシコ大会★
決勝トーナメント Round16 vs.イングランド
主審: N.シュクラジャ
スタジアム: エスタディオ・イダルゴ (パチューカ)
試合開始: 20:00 (アルゼンチン現地時間)

★先発メンバー (4-4-1-1)
GK: B.ガルバン;
DF: E.ベローソ, E.バエス, M.パディージャ, A.サラテ;
MF: A.アリオネ, G.イニゲス, P.カレラス, M.ピント; B.フェレイラ;
FW: L.オカンポス
※太字は昨夏の豊田国際ユース大会来日メンバー、赤字はロホ所属選手。

★得点: 前半12分 M.パディージャ, 前半39分 R.スターリング(ENG)
◆警告
イエロー: 前半10分 M.ピント, 前半37分 R.スターリング(ENG), 前半45分 B.フェレイラ,
後半5分
G.イニゲス, 後半20分 A.アリオネ, 後半22分 B.タルゴット(ENG)
レッド: 後半45分 M.ピント

▷選手交代
後半40分 L.プジュ INOUT B.フェレイラ

【イングランド | アルゼンチン
シュート数: 15 | 11
コーナーキック: 5 | 3
イエローカード: 2 | 3
レッドカード: 0 | 1
ポゼッション率: 58% | 42%