09 9月, 2011





レコパ・スダメリカーナの日程との兼合いから延期されていた第1節のサンマルティン戦。
前節ボカ戦後のMohamed辞任を受けて暫定監督となったDíazの初陣が未消化分の第1戦なだけでなく、
今季昇格したサンマルティンの監督は、これまた偶然Mohamedの前にロホを辞任したGarneroという皮肉な運命の巡り合わせ^^;。
でも、今節は試合前からインチャたちがDíazや選手たちを鼓舞するようにコパ・スダメリカーナ決勝の時に匹敵する程の大声援。
それに対する選手も皆、指揮官の辞任を受けて今一度奮起しなければとの強い思いが感じられた一戦でした。
試合はここ最近見られなかった一体感でチーム全体が最後まで集中を切らさずによく連係して勝利への執着を見せた結果が、
相手のミスを誘いオウンゴールも含む2得点に繋がったように思います。
:-)
チームの全員がGOL直後にPellelanoやCabrelaの元へ駆け寄り円陣組んで祝福する姿や試合後の様子が彼らの心境を物語ってましたね。
最後GABBAには珍しい凡ミスからの失点は残念だったけど、
まずはDíazの初陣で結果を残せて良かった^^;。