14 10月, 2011





コパ・スダメリカーナ決勝トーナメント第2戦はリガ・デ・キトに
1−0で勝利するも、トータルスコア1-2で惜しくも敗退(TT)
完全に引いて守りを固めてきたキトを相手にロホは序盤から猛攻を仕掛け何度も決定機をつくるも、あと2点が奪えず..
敵地グアヤキルで落とした第1戦での0-2のスコアが結果的には大きく響きましたね(痛)
ロホは攻撃面で見れば、今季これまでのゲームで一番決定機も多く、いい攻めであと2、3点は奪えたハズが決めきれず。
相手GKの好セーブに阻まれるシーンも多かったけど、
Núñezを除いてはPATOも含めフィニッシュが甘かった^^;。
ゴール正面での簡単なシュートを外したDefedericoがベンチに下がった後に頭を抱え周囲に慰められる様子と、
まだ得点の可能性がありそうなNúñezが交代でベンチに下がった後に見せた"消化不良感"を交互に映すカメラ...
あのカメラが映し続けた映像が今回のロホの"もう1歩"のもどかしい展開やインチャの感情の全てを物語ってたような気が..。
試合直後のインタビューでNúñezもコメントしたように、ロホはもう気持ちを切替えて!
残されたリーグ戦のアペルトゥーラに集中して、よりいい結果を出していくしかないですね。