26 10月, 2011





第12節は最下位バンフィエルドを相手に勝ち点
3どころか、0−3でまさかの完敗..。
好調のNúñezが
今節も試合開始から枠内シュートを放ちながら得点には至らず^^;。
前半のバンフィエルドは引いて守る形ながら、プレスが甘く狙えるスペースはあっただけに、
そこを突いて得点できなかったのが勿体なかった!!
さらに、わずか30分で不要な1発ロハから守備の要
を失ったのが痛すぎ^^;
そこでRamónは
好調なNúñezを下げてMatheuを投入し守備固め^^;。
のはずがバランスが崩れ、逆に2度も同じようなパターンで崩され立て続けに失点(痛)
直後にRamónはMarco Pérezを投入するも、前半同様に中盤からの組み立てが機能せず、
Pérezの"足"も生かせず、PérezとParraの2トップが孤立したまま決定機もつくれず..。
さらには、元同僚かつてのロホの"不動のボランチ"Acevedoから痛恨のダメ押し弾..(痛)
今節は前半の退場劇で自滅したようなものですね^^;。
終わってみれば、同じ相手に2失点&ダメ押し弾で、逆に最下位バンフィエルドに希望を与えたような..^^;。

ロホはもう頭を切り替えて♪次節アルセナル戦に向けて問題点を修正していかないとね!^^;