26 3月, 2012



第7節コロン戦は3連勝はならず、残念ながら0-3で完敗。
ロホはPATOと
Monserrat&Vidalの若手コンビを中心に攻撃を仕掛け、Faríasがゴールに迫るも得点には至らず。
特に前半は完全に流れをつかんで迎えた再三の決定機に決めきれなかったのが本当に勿体なさ過ぎ><;。
逆に前半終了間際に守備の乱れから先制を許し、後半も
守備を修正できないまま、さらにダメ押し..。
Cristianは攻守の要に怪我明けのPelleranoを投入するも、プレーはまだ重く簡単に抜かれてアッという間に一発ロハ(痛)
反撃するどころか10人になったロホは
万事休す。。。
守備陣は負傷離脱したGABYの穴を埋めきれず、特にボランチとの連係が悪く空いたスペースを突かれて失点
(痛)
攻撃陣は不発に終わったものの、終始キレキレでドリブル突破からチャンスを演出し相手ゴールを脅かしたPATOと、
Cristianの愛弟子コンビ
Monserrat&Vidalのリズミカルな仕掛け、MalevoからのピンポイントのクロスとFK。。。
これらの仕掛けと得点源Faríasの連係次第で、攻撃面で今後の見通しは明るいかと^^;。ポジティブ?(笑)
一方で、守備面の課題は"4バック"は変えず、離脱したGABYの穴を埋めるには、さらなる連係の強化と
何より攻守の要となるボランチ、Pellerano、Battión、Fredes、誰が軸でもコンディションの回復が鍵ですね
^^;。
4バックとボランチを軸にした守備が安定すれば、攻撃は連動性が良くなってきてるだけに、今後の修正に期待しましょう!


Torneo Clausura 2012 第7節 コロン戦(A)